中学部の働く体験(校内実習)

  • HOME »
  • 中学部の働く体験(校内実習)

○目的

実習を通して、働くことに関心をもち、他の人との協調を図り、社会参加への意欲と態度を養う。

○期間

校内での集中的な実習(1週間)を、年に2回(6月と11月)行う。

○校内実習

3年生では、6月と11月の2回、校内で作業実習を行っています。通常の作業学習(2時間)と異なり、2限から6限までの長い時間の作業学習は、決して容易な活動ではありませんが、生徒はそれぞれ目標を持って根気強く取り組んでいます。

【割り箸の袋詰め】袋を破らないように気を付けて
割り箸を入れたり,10本ずつ束にしたりします。
【刺し子】美しい仕上がりになるように、印をよく見て、
丁寧に縫います。

 

【ペットボトルのキャップ洗い】「数える→洗う→拭く」
工程を分担・協力して行います。
【カレンダー作り】数字や文字を間違えないように気を付けます。

 

PAGETOP
Copyright © 富山県立となみ総合支援学校 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.